上部内視鏡検査(胃カメラ)

キービジュアル

当院での、胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)は予約制となります。
ご予約前に一度ご来院いただき、診察の上、検査日をご相談させて頂きます。
まずは、お電話にてお問い合わせください。
TEL:03-5607-2489

胃カメラ(経口)について

イメージ

 胃カメラ(上部内視鏡)は、細いファイバースコープによって食道・胃のポリープやがん、胃潰瘍や胃炎などを調べる検査です。

 胃カメラ検査を定期的に受けておくことで、胃がんの早期発見の確率が飛躍的に高まります。特に、慢性胃炎やピロリ菌感染のある方には、定期的な胃カメラ検査をお勧めしております。当院では最も細い内視鏡を使用して苦しくない検査を心がけています。

検査前日・当日の注意点

  • 検査前日の夕食は、なるべく早めに済ませるようにしてください。遅くとも午後9時を過ぎたら食事を摂らないようにしてください。
  • 検査当日検査が終わるまで、食事は禁止です。水なら飲んでも構いません、またうがいも構いません。
経口内視鏡検査の流れ
  • ネクタイやベルトをゆるめるなど、首やお腹の緊張を解いて、ゆったりとした格好になります。

    矢印

  • 咽頭麻酔を十分に行います。

    矢印

  • 左側を下にしてベッドに横になり、検査が始まります。

    矢印

  • 口から内視鏡を挿入します。

    矢印

  • 食道、胃、十二指腸を観察します。

※検査を楽に受けられるよう、肩の力を抜き、ゆっくりと呼吸しましょう。検査中に生検(詳細な検査をするために、胃や腸の粘膜からごく小さい組織片を摘まみ出すこと)をします。これは、ピロリ菌の有無や炎症の程度や悪性度をみるためです。痛みなどの苦痛はありませんので、安心して医師の指示に従ってください。

検査後
  • 咽頭麻酔が切れるまで、検査終了後約1時間は飲食を控えてください。
  • 組織検査を行った方については、お食事は2時間以上経過してからにしてください。
  • 胃カメラ施行時に胃に空気を入れて膨らませるため、検査後はお腹が張りますが、次第に張りは軽減します。

こんな症状には胃カメラ検査をお勧めします

イメージ

  • 上腹部が痛む・重い感じや張る感じがする。
  • 胃に不快感がある
  • 胸やけがする
  • 喉、または胸につかえ感・違和感がある
  • 吐き気、嘔吐を催す
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘されている
  • 食後あるいは空腹時に胃がシクシク痛む
  • 顔色が悪いと言われる
  • 体重が急に減った
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など

胃カメラ検査で発見される消化器疾患

胃カメラは、以下のような病気の診断・検査に有効です。

  • 逆流性食道炎
  • 胃ポリープ、ピロリ菌の有無
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 急性・慢性胃炎
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • 十二指腸がん など

クリニック概要

医院名
新小岩内科診療所
診療科目
内科、消化器内科
所在地
東京都葛飾区新小岩1-51-2
最寄駅
JR総武線 新小岩駅 徒歩約3分
電話番号
03-5607-2489
診療時間
  日祝
9:00~
13:00
15:00~
19:00

☆休診日: 水曜、日曜、祝日

ACCESSMAP

地図をクリックすると拡大縮小できます。