骨粗しょう症

キービジュアル

骨粗しょう症とは

 骨量(カルシウムやコラーゲンなど)は、20~30歳頃の若い時期をピークに、年を重ねるとともに減少していきます。
 骨粗しょう症とは、老化やカルシウム不足、運動不足、喫煙や飲酒、閉経による女性ホルモンの減少などが原因となって骨量が減少し、骨がスカスカになりもろくなる疾患です。

骨粗しょう症の症状

イメージ

 初期のうちは自覚症状が目立たず、骨折してはじめて骨粗しょう症であることがわかるケースも少なくありません。骨粗しょう症が進むと、わずかな衝撃でも骨折をきたしやすくなり、「骨折リスク」が高くなってしまいます。

 背中や腰が痛む・曲がってくる、身長が縮むなどの症状が出る方もおられます。しかし、専門的な治療や適切な生活改善を行えば、骨密度の減少を改善し、骨折リスクを減少させることが可能です。

女性は50歳になる前に検査を

 高齢の女性を中心に、骨粗しょう症は年々増加の一途をたどっています。

 女性の骨粗しょう症は、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下する更年期以降に多く見られます。エストロゲンには骨の新陳代謝に際して骨吸収を緩やかにし、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する働きがあります。

 閉経してこのエストロゲンの分泌量が減少してきますと、骨吸収のスピードが速まるため骨形成が追いつかず、骨がもろくなってしまうのです。
 この頃に一度は骨粗しょう症の検査を受けるよう、お勧めいたします。

気になる骨年齢を調べてみませんか?

 特に閉経を迎える50歳前後から女性は、骨量が急激に減少し始めます。骨密度(いわゆる骨年齢)を調べる事は、骨粗しょう症予防の第1歩です。
 当院にて骨粗しょう症の「骨密度検査」を受けてみませんか?

骨密度検査って?

骨密度(いわゆる骨年齢)を調べる事は、骨粗しょう症予防の第1歩です。
気になる方は、当院にて骨粗しょう症の「骨密度検査」を受けてみませんか?

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症の診断にあたっては、骨密度検査を行っています。

骨密度検査

イメージ

 当院では骨密度(いわゆる骨年齢)を調べることが可能です。骨密度測定により、骨粗しょう症に代表される骨の健康度の確認と、生活習慣病の側面からいろいろなリスクを見直すことは、骨粗しょう症の予防の第一歩となります。

骨粗しょう症の予防と治療

 骨粗しょう症の発症には、老化や閉経以外にも食事・運動習慣などが大きく関与しています。そういう意味で骨粗しょう症は骨の生活習慣病とも言え、そのため食事・運動療法も骨粗しょう症の予防と改善には欠かせません。

食事療法

 骨粗しょう症の治療や予防に必要な栄養素は、骨の主成分であるカルシウムやたんぱく質、および骨のリモデリング(骨の代謝作用)に必要なビタミンD、ビタミンKなどです。
 これらの栄養素を積極的に摂りながら、しかもバランスの良い食生活を送ることが大切です。

積極的に摂りたい栄養素を多く含む食品

カルシウム

牛乳、乳製品、干しえび、しらす、ひじき、わかさぎ、いわし、ししゃも、大豆製品、えんどう豆、小松菜、モロヘイヤ など

たんぱく質

肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品 など

ビタミンD

あんこうの肝、しらす干し、いわしの丸干し、すじこ、鮭、さんま、かれい、うなぎ、煮干し、干し椎茸、きくらげ など

ビタミンK

納豆、抹茶、ブロッコリー、きゃべつ、サニーレタス、モロヘイヤ、しゅんぎく、おかひじき、小松菜、ほうれん草、菜の花、かいわれ大根、にら など

運動療法

イメージ

 骨は運動をして体重負荷をかけることで増加し、丈夫になります。

 さらに筋肉を鍛えることで体をしっかりと支えられるようになり、バランス感覚も向上して転倒防止にもつながります。

 骨量を増やすには、激しい運動をする必要は無く、ウォーキングのような軽度の運動でも効果がありますから、とにかく長く続けてください。また、体を使うような家事をこまめに行うなど、日常を活動的に過ごすように心がけることも効果的です。

薬物療法

病状が進んだケースでは、食事療法や運動療法に併せて薬物療法を開始します。

主な骨粗しょう症の治療薬

骨の破壊を抑制する薬

  • ビスフォスフォネート製剤:骨吸収を抑制することによって骨形成を促進し、骨密度を増やします。
  • 選択的エストロゲン受容体作動薬(SERM):女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があり、骨量を増加させます。
  • ヒト型抗RANKLモノクローナル抗体製剤(デノスマブ):骨を壊す細胞をできにくくして、骨の破壊を抑制します。

骨の材料を補う薬

  • カルシウム製剤:食事によるカルシウムの摂取不足、乳糖不耐症の方、胃腸の手術後などに用いられます。
  • 活性型ビタミンD3製剤:腸管からのカルシウムの吸収を促して体内のカルシウム量を増やす働きがあります。
  • ビタミンK2製剤:骨芽細胞に作用し、骨形成を促進させ、同時に骨吸収を抑制することで骨代謝のバランスを整えます。

クリニック概要

医院名
新小岩内科診療所
診療科目
内科、消化器内科
所在地
東京都葛飾区新小岩1-51-2
最寄駅
JR総武線 新小岩駅 徒歩約3分
電話番号
03-5607-2489
診療時間
  日祝
9:00~
13:00
15:00~
19:00

☆休診日: 水曜、日曜、祝日

ACCESSMAP

地図をクリックすると拡大縮小できます。